練習の目標を置く

Auto CADを使えるというレベルはどんなものでしょうか。これを知ることができれば、練習していくうえでマイルストーンとなり、そこに向かって練習を進めていくことができるようになるはずです。

使えるというレベルは、業務使用ができるというレベルのことです。動かすだけであれば、ほんの少しの努力でどうにでもなってしまいますが、業務という面では役に立ちません。ですが、特別すごい機能を使って、驚くほどきれいに作図しているわけではないのです。当たり前のことを当たり前のように素早く行えることこそが、Auto CADの業務ですので、あくまでも地道な努力で身につけなければいけないでしょう。

そこで、常に練習目標としていくのが、ひとつの動作を覚えていくのではなく、図面を完成させるという練習をしていきましょう。単純に操作を覚えていくことも大切なことですが、それを使い完成させることが仕事の目的でもあるからです。

技術として目標を立てることもAuto CADの練習としては重要なことであるのは間違いないでしょう。しかし、完成させない図面は、どうやって見ても使うことはできません。図面を完成させることは、一連の操作を考えていくことにもつながります。そこに練習の目標を置くことができれば、技術として使えるレベルにもなっていくのです。