地道な繰り返し

Auto CADを練習する上で、どこまでの操作を考え図面を完成させるのかということは、人によって違いがあります。基本的な操作は同じでも、効率化するためにどういった操作にしていくかは、慣れれば慣れるほど違いが出てくるからです。

Auto CADは、基本的に難易度の高いソフトであることは間違いありません。そこで、どこまでの基本操作を覚えるのかということも意識しておくと、図面を完成させるという目標に近づくことができるでしょう。

操作としては、ラインが引けることや複写・移動といった操作を簡略化する方法、鏡像、回転、変形、拡大縮小といったことは、最低限必要です。配列複写、トリム、延長といったことも、CADを使う上では、誰でもできることでしょう。こうした基本操作は、Auto CADだけに必要になるものではありません。すべてのCADで使える操作であり、考え方ですので、絶対にマスターしなければいけないレベルであるといえるでしょう。

問題になるとするのであれば、Auto CAD独自の操作方法とともに、これらの基本動作を習得し、図面を完成させることです。これは、練習しかありません。ですが、どんな手練れであっても、数日間があけば、常に最高のパフォーマンスを発揮できなくなります。練習として考えるのであれば、毎日少しずつでも練習を続け、体にしみこませることが大切なのです。特にAuto CADは、地味ではありますが、毎日繰り返すことが最も早い習熟方法でもあるといえるでしょう。

チラシを使って練習

図面の完成をAuto CADの練習の目標に置くことは、上達への早道になることは間違いないでしょう。しかし、どんなものを完成目標とするのかによっては、挫折する原因にもなってしまいます。

最初のうちは、とても簡単なものを選択するべきです。徐々にステップアップしていくことが大切で、辞めないで続けていくことができるような設定にするといいでしょう。

ですが、そんなに都合よくレベルにあった図面が見つからないこともあるでしょう。それでも、続けて作ってみることが一番大切な練習方法です。完成させるというプロセスを繰り返していけば、だんだんとレベルアップしていくものだからといえるでしょう。その速度は、練習を積み重ねれば重ねるほど早くなっていくはずです。

全く見つからないといったときには、不動産のチラシを資料にしてみるのも方法の一つになります。顧客の視点に立ったシンプルなものですので、練習する際には格好の材料となってくれるのです。こういった図面の最大の利点は、必要なことは盛り込まれているということでしょう。シンプルといっても、ただ間取りを書かれただけのものではなく、提供情報としては過不足ない状態であることが、練習にもちょうどいいのです。ただし、縮尺だけはあてにならない状態ですので、そこだけは注意しながら使っていくといいでしょう。

練習の目標を置く

Auto CADを使えるというレベルはどんなものでしょうか。これを知ることができれば、練習していくうえでマイルストーンとなり、そこに向かって練習を進めていくことができるようになるはずです。

使えるというレベルは、業務使用ができるというレベルのことです。動かすだけであれば、ほんの少しの努力でどうにでもなってしまいますが、業務という面では役に立ちません。ですが、特別すごい機能を使って、驚くほどきれいに作図しているわけではないのです。当たり前のことを当たり前のように素早く行えることこそが、Auto CADの業務ですので、あくまでも地道な努力で身につけなければいけないでしょう。

そこで、常に練習目標としていくのが、ひとつの動作を覚えていくのではなく、図面を完成させるという練習をしていきましょう。単純に操作を覚えていくことも大切なことですが、それを使い完成させることが仕事の目的でもあるからです。

技術として目標を立てることもAuto CADの練習としては重要なことであるのは間違いないでしょう。しかし、完成させない図面は、どうやって見ても使うことはできません。図面を完成させることは、一連の操作を考えていくことにもつながります。そこに練習の目標を置くことができれば、技術として使えるレベルにもなっていくのです。

Auto CADの練習

CADは業務で使うことが中心となるソフトウエアです。いろいろな種類が存在し、Auto CADはJW_CADと双璧となるソフトウエアであるといっていいでしょう。
業務が中心ですので、使うとなればやはりマスターしなければ仕事にはなりません。ですが、Auto CADは初心者が独学でマスターするのには、かなりの難易度であるということは間違いありません。

テキストも出ていることから、独学で進めてみることは可能です。しかし、読んでいても疑問だらけで、結果的にテキストだけでは用が足りなくなってしまうでしょう。インターネットを上手に使い調べながら進めることは、最低限必要なこととなるのです。

講座を受けてみることも大切です。実際に触りながら覚えることができますので、疑問点はすぐに解消されるところが重要なことだとすぐにわかるでしょう。習うより慣れろとまで言われるのがAuto CADですので、さわりながら受けることができる講座は、慣れがものすごく速くなるのです。

Auto CADは、とにかく使って触って疑問点を解決するという流れが大切です。どんどん使って基本動作がわかるようになれば、次へのステップへ移ることができるようになっていきます。知識を仕入れるのと同時に、地道に練習していくことが、Auto CAD上達のすべてであるといってもいいでしょう。

最初は、どんなことから手を付けていいかもわからないはずです。ですが、Auto CADが使えるというレベルはどんなところなのかを知り、それに合わせて練習していくことが重要になります。その参考になれば幸いです。